リキッドアイライナーの特徴

2014.6.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

目を印象的にしてくれるリキッドライナーですが最近はたくさんの種類があってどれがいいのか、またどのようにひけば良いのかがわからない女性が多いようです。

 

まずは選び方ですが、実際にテスターで手の甲に線をひいてみましょう。発色が良く、擦っても滲まないものが理想的です。ですが、持ちが良くても落とす際にはクレンジングで落としやすいものを選ばなければなりません。落ちにくいものですと、化粧を落とす際に何度も擦ってしまい目のしわやたるみの原因になってしまいます。色は黒か茶色がありますが、はっきりクールな印象に仕上げたいなら黒、ふんわりした可愛らしい印象に仕上げたいなら茶色がお勧めです。

 
次に特徴ですが細い綺麗な線をひけるのが魅力的です。ペンシルタイプと違って落ちにくく、筆のようになっているので睫毛にの間や粘膜にも綺麗に細い線をひくことができます。細い線だけではなく書き方によって太い線もひくことができます。目の真ん中辺りから目頭まではだんだん細くしていき、目の真ん中辺りから目尻にかけてだんだん太くしていくとぱっちりと印象的な目に仕上げることができます。

 
慣れるまでは難しいですが、慣れてしまえば自分の理想の目になることができます。使ったことがないという方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。