メイクのポイント

2014.6.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

メイク雑誌を見ても二重の人のメイク法ばかりで参考にならない、そう思っている奥二重の方は多いと思います。

 

ナチュラルに大きい目に見えるメイクのポイントを解説していきましょう。

 

まず、アイシャドウは腫れぼったく見えない色を選んでください。ピンクは避けた方が無難と言われていますが、赤みが強くないパールの入っているものであればOKなものもあります。一般的によく使用されているブラウンやグレー系でも腫れて見える色もあるので、色々試してベストな色を探してください。
アイシャドウの締め色は目を開いた時にギリギリ見えるか見えないかぐらいの位置まで入れます。べったり入れるのではなく根元は濃く、上側は薄く、綺麗なグラデーションになるようにしてください。濃いめの色の方がいいです。この締め色は、タレ目が嫌でなければ、下まぶたの目じりから3分の1のところにも入れましょう。また涙袋に白やピンクのパール系のシャドウを入れて華やかな目元にしてください。

 

アイライナーはどうせ目をあけると見えないから、と手を抜かずに綺麗に入れてください。睫毛と睫毛の隙間を埋めるように、鏡を下に置いて丁寧に入れると仕上がりに差がでます。目じりはほんの少し長めにし、下まぶたの目じりから3分の1のところにもアイラインを引きます。アイライナーの種類はリキッドかジェルにしましょう。ペンシルは滲みます。

 

マスカラは、まぶたの重みで落ちてきやすいので、カール力重視でウォータープルーフかフ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。